#家トレ プロジェクト

家でもスポーツを止めない。あなたの#家トレ教えてください。

ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西組織委員会は、新型コロナウイルスの感染拡大のため、世界の多くの方が外出自粛となっている中、家で体を動かして健康の維持・促進につながるように、いまできるトレーニングやスポーツ、楽しみながらのアクティビティ等の動画を、世界中の皆さんとシェアする「"#家トレ"プロジェクト」を実施しました。
Twitter及びInstagramでハッシュタグ「#wmg2021」及び「#家トレ」又は「#StayActive」を付けて投稿していただいた動画を本ページで公開しています。

2020年6月30日をもって
"#家トレ"プロジェクトの
募集を終了しました。
数多くの投稿、
誠にありがとうございました。

世界中から約400件の投稿があり、メディアにもたくさん取り上げられました。
stayhomeで通常のトレーニングが出来ない中、家でも出来るトレーニングを通じて、皆さんと一緒に盛り上げられたことを大変うれしく思います。
今後も皆さんが大会に向かって盛り上がっていけるような企画を考えていきますので、ぜひ楽しみにお待ちください。

大会アンバサダーからのメッセージ

朝原 宣治さん

外出自粛が長引いて気持ちも沈みがちだと思います。テレワークだとどうしても運動不足になり肩こりや腰痛が心配です。私は寝る前にはお風呂に浸かってリラックスし、出た後もストレッチをするなど固まった身体をほぐしてリセットするよう心がけています。マスクをして間隔をあけるなどのルールを守れば、外に出て新鮮な空気を吸いながら歩いたりジョギングするのも体力維持やリフレッシュに大切なことだと思います。いま出来ることを続けながら皆さんで2021年に向かいましょう。

朝原 宣治

大会アンバサダーの投稿

元女子バレーボール日本代表
ロンドン五輪銅メダリスト

迫田さおりさん

元トランポリン日本代表

廣田遥さん

元陸上走幅跳日本代表

荒川大輔さん

元競泳日本代表

萩原智子さん

みんなの#家トレ 投稿は随時更新

世界で輝く未来の
トップアスリートの#家トレ

将来世界での活躍、国際大会等で活躍を目指す中・高校生や障がい者の夢を応援し、世界で輝く未来のトップアスリートを発掘するプログラム『J-STARプロジェクト』でも、選手によるおうちトレーニングをご紹介しています。